タロット占い:仕事運・仕事は上手くいく?未来の仕事は?【無料占い】

占者: 朧 あきら

今の仕事は上手くいくのか、未来の仕事はどんな職業が向いているのか、転職したほうがいいのか、会社で上司や部下との関係はどうしたらいいのか。仕事は人生にとって大事なことですから気になりますよね。

タロット占いのワンオラクル(一枚引き)で、あなたの仕事運を占います。


カードをシャッフルする

会社への就職・転職をどうするか、経営者として独立起業するか、適職や天職としてどんな仕事を選ぶのかは、あなたの人生や将来に大きな影響を与えます。また、職場での上司・同僚・後輩との関係も充実しているのか、悩んでいるのかで大きく幸福度が変わりますよね。出世や給料で悩んでいる人もいるかもしれませんね。タロット占いでは、様々なスプレッドがありますが、ここではワンオラクル(1枚引き・ワンカードスプレッド)で占います。大アルカナ22枚の正位置・逆位置で占い結果が出ますので、仕事で悩んでいるときの参考にしてみてください。無料タロットカード占いなので、気になるときに何度でも占うことができます。ぜひ友達にもシェアして占ってみてください。

このタロット占いで分かること

このタロット占いで分かることは、あなたの仕事運についてです。あなたが今手がけている仕事・ビジネスがうまくいくのか?そして、就職や転職・独立を考えている場合についても、うまくいくのかどうかを教えてくれます。

仕事そのものもそうですが、仕事に関連する人間関係・職場環境、そしてお金なども無視できない問題です。このままの調子で今の仕事を続けても問題ないと出ることもあれば、このままの状態が続くと行き詰る…といったことも教えてくれます。

悪い結果が出たとしても大丈夫。あなたが引いたタロットカードが、問題解決のためのヒントも一緒に示してくれます。逆にいい結果が出たとしても油断は禁物です。今以上に良い仕事ができるよう、努力することが大切です。

ワンポイントアドバイス

タロットカードに描かれている人物や物が、今のあなたの状況や仕事に関する問題解決のヒントとなっていることがあります。正位置ではそのタロットカードが意味することをストレートに示しています。逆位置の場合は、そのタロットカードが示すことの悪い部分が表れやすいと考えます。

今のあなたの仕事に対する姿勢・状況といったものをそれぞれのカードが示しています。強みや持ち味を活かしてがんばる時なのか?それとも問題やミスが起こりやすく、守りに徹した方がいい状況なのかもわかります。

まずはタロットカードで今の自分の状況を改めて知ることが大事です。いったい何が問題となっているのか?そしてそれを解決するためのヒントについてもタロットカードが示してくれています。

仕事で成功するために大切なこと5つ

仕事で成功するためにはどういった事に注意するといいのでしょうか?ここでは仕事で成功を収めるための大切な5つのポイントについてお伝えしましょう。

①「上司に評価されること」を意識する

あなたが今の会社で仕事をするきっかけになったのは「自分の興味がある仕事だから」「適性やスキル・条件などが一致しているから」などであって、はじめから「上司に評価されること」ではなかったはずです。誰もが自分の仕事にやりがいを見出したいと思っています。

しかし、その会社にいる時間が長くなるにつれて「上司に評価されること」を意識するようになっていませんか。当然のことですが、上司に評価されれば、今よりも上のポジションや仕事を任されるようになります。出世も期待できるでしょう。同僚から嫉妬されることもありますが…。

実際に上司は自分の思い通りに動いてくれる・働いてくれる人を評価しやすいという傾向があります。それがいいとか悪いとかではなく、そういった傾向があるということを理解して動くことが出世につながると考えましょう。

実際に上司の思い通りに動く、つまり上司の出世につながる働き方をあなたがすれば、間違いなくあなたも上のポジションに引き上げられ、待遇も改善されるでしょう。決して上司だけが得をするわけではありません。そういった意味でもやはり「上司に評価されること」は大切なのです。

②成功したいなら「人が求めるものをスピーディに」提供する

独立起業して成功を収める人もいますが、逆に失敗して元の勤め人に戻ってしまうこともあります。人脈の有無が成功と失敗を分けていると思われがちですが、本当のところは違うようです。世の中のニーズに沿ったモノ・サービスを提供しているかが問題なのです。

たまたま思いついたアイディアで商品やサービスがヒットすることがあります。でもそれは本当に「たまたま」であって、それ以外では振るわないケースも少なくありません。本当にベストセラーとなる商品・サービスというのは、ユーザー目線に立った商品やサービスなのです。

自分がいいと思ったもの=世の中が求めているものではないことを意識する必要があります。人は誰も自分が欲しくないものを買うようなことはしません。そういったものを買わせる技術よりも、人々が何を探し求めているのかをしっかりリサーチすることが大切なのです。それができる起業家が間違いなく成功します。

またみんなが欲している時に商品・サービスが提供できる「迅速さ」が大切です。お腹がすいている人に食べ物を売れば買ってもらえる確率は高いですが、すでに満腹の人にセールスしても意味がないのと同じです。リサーチと同じぐらい、機動力や実行力も大切な要素です。

③職場の人間関係に振り回されない

会社に勤めれば必ずそこには誰かがいます。会社に限らずフリーランスで仕事をしても必ず人が絡みます。職場と人間関係は切っても切り離せない永遠のテーマです。熱心に仕事をしている人もいれば、手を抜いて楽をしたいという人もいます。お金を稼ぐために仕事している人もいれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎ・ヒマつぶしで仕事に来ている人もいます。いろいろなタイプの人間がおり、仕事をする目的は人それぞれです。

しかし、あらゆるタイプの人とうまくコミュニケーションをとって仕事をしなくてはなりません。一緒にいて仕事のモチベーションが上がる人ならいいのですが、逆に下がってしまう人もいます。上司や一緒に働く人を選べない時もあります。チームワークが必要なのに、非協力的な人がいて困ることもあるでしょう。一緒に働く人間に我慢がならずに転職・独立をすることもあるでしょう。病気になることだってあります。

基本的に「なぜ自分はこの仕事をするのか?」を自分にしっかり言い聞かせる必要があります。人間関係に起因するトラブルは基本的にどの職場・状況でも起こり得ます。その職場の人間関係に振り回されて、本来の目的を見失わないことが大切です。

④退職理由はこの先も退職理由になる

「体調不良」「職場の人間関係」「寿退社」「キャリアアップのため」「実家の親の体調が悪くて…」など、退職の理由は人それぞれです。しかし、あなたの退職理由はこの先、どこかに新しく就職したとしても同じような理由で退職することになると思っておいたほうがいいでしょう。できれば寿退社は1回だけにしたいものですが…。

ただし、採用する側としては退職理由を「本人の乗り越えられなかった壁」と解釈することがあります。職場の人間関係が苦痛で退職すれば、次の仕事でも同じように職場の人間関係で辞める確率が高いと判断するでしょう。体調不良や身内の病気などもそうです。以前いた職場よりも本人に問題があるとみなされることだってあります。

今の仕事に不満があり、転職を考えるなら自分の転職理由で相手がどう判断するか想像してみるといいでしょう。面接で退職理由を聞かれたら「キャリアアップのため」「自分の目指す業界に近づくため」など、できるだけポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

⑤服装やデスクで「仕事がデキる」かどうかが決まる

人のイメージは第一印象で決まるといわれます。そのため不特定多数の人と接するサービス業の人は身なりをきちんとすることが大切です。食品などを扱う職場では清潔感のある身だしなみが求められます。

ではそれ以外の業界・業種の人は気にしなくていいのか?というとそうではありません。先ほども触れましたが、仕事をしている以上は誰かと必ず接点があります。その時にあなたの身だしなみ・服装、そしてでデスク回りの状況などで「あなたの仕事ぶり」を判断されてしまうことだってあるのです。

巷では机が汚い人の方が仕事ができるなどと言われますが、第一印象で仕事をお願いするかしないかを判断する人もいることを考えれば、やはり服装・身だしなみ・デスクはきちんと整えておくべきでしょう。オフィスカジュアルの職場であっても、仕事目的なのかそれとも別に何か目的があるのかは服装を見れば一目瞭然です。逆に自分の内面が服装に現れやすいと考え、オフィスに相応しい服装を心がけましょう。