タロット占い:片思いの行方は?相手はどう思ってる?【無料】

占者: 朧 あきら

片思いしている恋の行方はどうなるんだろう、相手は私のことをどう思ってるんだろう、好きな人がいると気になりますよね。

タロット占いのワンオラクル(一枚引き)で、あなたの片思いの恋の行方を占います。片思いしている相手のことを思い浮かべながら、1枚カードを選んでください。


カードをシャッフルする

片思いしていると恋する気持ちが大きくなり、どうすればいいのか分からなくなったり、不安になったりするものです。そして好きな相手が自分のことをどう思っているのかも気になります。このタロット占いでは、片思いの恋の行方と相手の気持ちについてタロットの結果を示しています。当たると評判の占い師によるタロット占いを試してみてください。あなたのこれからの恋愛の参考になるはずです。タロット占いでは、様々なスプレッドがありますが、ここではワンオラクル(1枚引き・ワンカードスプレッド)で占います。大アルカナ22枚の正位置・逆位置で占い結果が出ます。無料タロットカード占いなので、気になるときに何度でも占うことができます。ぜひ友達にもシェアして占ってみてください。

このタロット占いで分かること

あなたの片思いが今後どうなっていくのか?そしてお相手はあなたのことをどう思っているのか?をタロットカードが教えてくれます。

タロットカードは片思いのあの人の意識にダイレクトにつながります。今、どんな状況でどんな気持ちでいるのかを知ると同時に、あなたの知らないあの人の一面を映し出してくれることもあるでしょう。それらを知ることで、あなたの片思いが両思いになるのも決して夢ではありません。

しかし、その一方であなたにはふさわしくない相手と教えてくれることがあります。ふさわしくない相手にいつまでも関わっていると、本物の運命のお相手との出会いを逃してしまいます。お相手のことで、まだあなたがハッキリと自覚できていないことがあるのかもしれません。タロットカードは恋愛のロマンチックな空想に浸っているよりも、現実に目を向けるようにと教えてくれることもあるでしょう。

ワンポイントアドバイス

たとえあなたの未来が「片思いのあの人と結ばれる」と伝えていても、あなたが何も行動に移さないのであれば何も起こりません。誰かが何かをしてくれるという期待を持たず、恋愛成就に向けて具体的に動くことが大切です。「両思いになるにはどうすればよいのか?」についても1枚のタロットカードにすべて示されているといっていいでしょう。

受け入れられないような内容をタロットカードが示していることもあります。そこで落ち込んでしまうのではなく、自分の知らない事実がないか?何か間違った行動をしていないか?などをチェックすることで、逆に素晴らしい恋を手にすることだってあります。あなたが目をそむけたい事実、思ってもみなかった結果が示されたことで、イヤになってしまうかもしれません。しかし、タロットカードが示している可能性が本当かどうか?確認することも大切です。

片思いの相手と結ばれるために大切なこと5つ

片思いの相手と結ばれるためには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?ここでは特に注意しておきたい5つのポイントについてお伝えしましょう。やや厳しいアドバイスもありますが、あなたがステキな恋愛をするためには大切なことです。

①「片思いのあの人」の話をしているだけでは結ばれない

親しい友達と恋についておしゃべりするのは楽しいことです。しかし、片思いの人についていろいろ情報収集して、誰かとおしゃべりしているだけでは結ばれません。この情報収集や「おしゃべり」の方に熱が入って、実際に片思いのあの人との距離が全然縮まらない人もいます。力を入れる場所が間違っていませんか?

また占いやスピリチュアルで片思いのあの人のことを相談することもあるでしょう。「あなたと片思いのあの人は結ばれます」という結果が出たとしても、あなたが行動を起こさない限り何も起こりません。お相手の人から告白されることもありますが、それはそういった結果になるプロセスが必ずどこかに存在しているからです(気づかないだけで、そうなるように行動しているのです)。

人間は自分の抱えている問題を、魔法のように解決してくれるものに心惹かれやすい一面があります。占いあるいはスピリチュアルな力だけに頼り切ってしまうのは考えものです。片思いの悩みなどを人に相談することで、解決策を見出すこともあります。しかし、片思いのあの人のことを話すだけで終わってはいけないのです。

片思いのあの人のことを誰かに話す事自体は悪くありません。外堀を埋めていくアプローチ方法では効果がありますが、そうでなければ単なる「楽しいおしゃべりのひと時」だけで終わってしまいます。

②受け入れてはいけない「悪い癖」を持つお相手

片思いの相手に気になる癖があっても、それを拒むことなく受け入れる方がうまくいくのは誰でも知っています。しかし、受け入れてはいけない「悪い癖」もあります。明らかに見逃せない悪い癖なのに、恋にのめり込んでしまうことがあります。

たとえばあなたの恋する相手が複数の相手との同時交際をしていたとしましょう。あなたはそれでもお相手のことが好きで仕方ありません。「きっと私と結ばれたら他の相手とは別れてくれる。」と思いがちなのですが、実際は複数交際の相手のひとりでいることによってしか、そのお相手との交際は成り立ちません。「私だけと交際して!」と強く訴えても逃げてしまいます。

また、「きっと私に夢中になったら、相手がまともになってくれる。」と心のどこかで思っていることがあります。でも相手が変わってくれることを望んではいけません。悪い部分があっても、あなたが受け入れられるかどうか…なのです。

複数交際以外にも、浪費癖やギャンブル依存があるお相手を好きになってしまうことがあります。結婚願望がない人を好きになることもあるでしょう。冷静でいる時は「絶対こんな人とは関わりたくない」と思うようなタイプでも、ひとたび恋をすればそういったお相手にハマってしまう人もいます。致命的な欠点があっても「あばたもえくぼ」になってしまうのです。

しかし、「悪い癖の内容」によっては、その人と関わってしまうことで悲しい恋にもなり得ます。一方的にあなたがお金を失うこともあります。関わるべき相手ではない人に時間やお金をかけてしまうよりも、「本物の運命の赤い糸の人」との出会いを探すべきでしょう。

③ライバルを意識しすぎない

片思いのあの人の近くに、恋のライバルがいることも少なくありません。あなたよりもおしゃれで仕事・勉強ができる…そんなライバルだったら、あなたもきっと対抗しておしゃれのセンスを磨いたり、バリバリ仕事や勉強をこなして張り合おうとするかもしれません。ライバル心がよい方向に働いてくれることで、あなたの魅力がUPすることもあります。

しかし、悪く作用すると片思いのあの人によくない印象を与えてしまうことになります。ライバルの悪口を言わないのは大前提ですが、見えないところで足を引っ張ったりするようなことをしないように。逆にライバルがあなたに何かをけしかけてきても、毅然とした態度でいることです。

あなたの意識の中でライバルの存在をクローズアップさせるよりも、片思いのあの人のために行動することの方がよっぽど重要です。また、職場は仕事をする場所であり、学校は勉学にいそしむ場所です。恋愛はあくまでも副産物ということを忘れずに。

④積極的に攻める時とじっと待つべき時

好きになったら自分の気持ちを告げずにはいられない…なんて人もいるでしょう。でもあなたのその気持ちを伝えたいなら、やはりタイミングが大切です。どんなに離れていても電話やLINEで連絡が取れるとあって、自分が不安な気持ちになるとついスマホに手が伸びてしまうことがあるでしょう。

当然のことですが、お相手が仕事をしている時間帯・体調不良などで休んでいる時は避けるべきです。また相手から返信がないと、つい催促をしてしまいがちです。「どうして連絡くれないの?」と気になってしまうのはよくわかります。しかし、相手には相手の事情があります。返信できない状況なのかもしれませんし、諸事情からSNSなどから距離を置きたいこともあるでしょう。

「誰かが連絡をくれても、返す気がない時」は、あなたにもあるはずです。返信をせかしてしまうことで、関係が悪化してしまうことだってあります。積極的にアプローチすることが大切な時もありますが、逆にじっと辛抱強く待つことも恋愛を成就させるためには必要なスキルです。

⑤お相手の立場に立って「与える」こと

お相手の「こうしてほしい」という期待に応えられると、お互いの距離も縮まります。しかし、お相手の望んでいないことを、こちらの一方的な善意で押し付けてしまわないことも大切です。「あなたが誰かにして欲しいこと=相手がして欲しいこと」ではないこともあります。

恋をするとお相手に対して「何か」してあげたいという気持ち強くなるものです。しかし、その「何か」が相手にとってプラスになるのか・マイナスになるのか?それがわからないなら、控え目に出た方が無難でしょう。

相手が望むことをしてあげたいと思っても、それが道徳的な観点からすべきではないこともあります。また悪いことでなくても、あなたが与えることによって依存されてしまうこともあります。特にお金のやりとりがあるとそういった事になりがちです。相手に頼られる・依存されれば両思いになれると思っていると、後で痛い目にあうかもしれません。