六星占術自動計算無料!何星人?自分の運命星を調べる方法[細木数子]


あなたの誕生日を選んで、運命星を調べてみましょう。

誕生日を選ぶだけで、何星人(土星人・金星人・火星人・天王星人・木星人・水星人・霊合星人)なのかが分かります。

六星占術とは?

六星占術は、ひとことで言うと統計学による占いです。

そのルーツは、4000年以上昔に中国で、陰陽五行説や、四柱推命、算命学、九星気学などの占いを簡略させ産み出されたもので、生年月日から6つの種類に分けられた運命星を導き出し、性格的な本質や人生における周期を知ることができるように独自に生み出したのが細木数子さんの六星占術です。

何をやってもうまくいかない時や、物事が順調な時期を誰もが経験をしたことがあるのではないでしょうか。それらは、すべて運命によるものとして、自身の運命星を知ることで、運勢を調べることができる占いのひとつです。

六星占術の運命星
生年月日と干支によって、算出するのが運命星です。その種類は、土星人、水星人、金星人、火星人、木星人、天王星人の6種類に付け加え、+(プラス)-(マイナス)が存在しており、これらは生まれ年の干支で分けられています。子・寅・辰・午・申・戌年生まれの人はプラスで、丑・卯・巳・未・酉・亥年人は、マイナスで分けられています。

通常は6種類の運命星ではありますが、占命盤の上で「停止」位置にある人は「霊合星人」といいます。運命星の運気に加え、霊合星人は、占命盤の上で向かい合う運命星に強く影響を受けるため、複雑な運命をたどるケースが多いです。霊合星人を占う時は、対角線上の運命星の運勢と同時にみていくことになります。

六星占術の運命周期と年運・月運

運命周期というのが、12に分けられ種子から始まり、減退で終わるサイクルとなっています。運命周期の年運と言われるものは、1年毎で12年というサイクルの長期的な事柄について運勢を調べるものです。

大殺界と言われる時期が陰影、停止、減退の3年間とされています。月運は、1ヶ月サイクルの中期的な事柄についての運勢なので、大殺界と言われるのは、12ヶ月の内の3ヶ月間です。日運は、日毎のサイクルで短期的な事柄についての運勢なので、12日間の3日間となっています。

大殺界といわれる3サイクルですが、勢力が止まる時期で、見直しや手放しなどもこの時期に起こりやすいとされているもので、何をやってもうまくいかない時期が3年間も続くというわけではないようです。

<12の周期>
・種子
種まきの時期とされ、物事を始めるのに適している時期です。新しいことをする事柄が、よい方向に向いているという時期でもあるようです。この時期に出会う人は、将来あなたにとって大事な人になるでしょう。

・緑生
蒔いた種が伸びる時期とされているので、物事が伸びる時期といわれています。また、愛情運がよく、この時期に知り合った異性は良縁になるといわれています。ただ、土台が安定していないので、調子にならない方がよいです。

・立花
蒔いた種が花を咲かせる時期とされています。この時期に成し遂げた事が、あなたの将来を決定づけるとも言われています。この時期に得た経済的な事は、生涯あなたの財運に関連するともいわれています。ただし、この時期は、他の運気と重なると、運気が強烈になるといわれています。殺界と重なった時は注意が必要です。

・健弱
疲れが出てくる小殺界と言われる時期なので、健康面での不調が出やすくなります。無理をせず、体調管理に気を遣う時期でもあるようです。恋愛においても、落ち着いたお付き合いをすることを意識すると良いそうです。

・達成
自分の望みが叶い、目的が達成される時期といわれています。強運気なので、立花で出来なかった事はこの時期にするとよいといわれています。経済的にも実りのある時期なので、何をやっても楽しい時期になるようです。愛情、家庭運共に良い時期です。

・乱気
身内に不幸があるなど、精神的なダメージの多い中殺界といわれる時期です。運気が乱れるので、これまでの勢力が乱れる時期ということになります。この時期は、空回りすることが多いので、勢力を抑え現状維持に努めるとよいでしょう。

・再会
中途半端になっていたことをやり直す時期で、チャンスの時期といわれています。この時期は、人との出会いがポイントとなるでしょう。新しいことを仕掛ける時期でもあるので、行動に起こすと良い結果に繋がる時期でもあります。

・財成
蒔いた種を収穫する時期なので、種子で蒔いた種を摘み取ることができます。この時期は、財運がよく、やる事すべてが成功に結びつくといわれています。年運においては、12年に一度訪れる財運に恵まれる時期ということなので、大いに稼ぐことができるでしょう。

・安定
今まで取り組んだ事が安定する時期です。優雅に充実した生活を送るように心がけましょう。また、これから運気が停滞する時期に備える時期でもあるようです。一旦、勢力を落ち着かせ、これまでの振り返る時期として落ち着いた方がよいとされています。

・陰影
人生の冬大殺界といわれる時期です。これまで上り調子だった運は、ただただ下降し、物の見方が歪み、判断を誤ったり、錯覚に陥ったりします。あなた自身だけでなく、あなたの周りでも心配なことが相次ぐようになり、心が休まらないかもしれません。

・停止
大殺界のど真ん中の時期なので、八方塞状態ともいわれています。大きなミスを犯し、周囲に大きなダメージを与えたり、他人の信用を損ねたりします。この時期は、運気が停止する時期でもあるので、これまで続けてきたことを行うだけで、新しいことを始めるには適していないとされています。

・減退
大殺界の最後の時期ですが、運は多少上昇してきます。それでも大殺界ということもあるので、油断ができない時期とされています。また、これまで得たお金は、この時期にゼロにすることで、新しい一歩を踏み出すことができるともいわれています。

自分が何星人かを知るための六星占術計算方法5ステップ

①運命数を確認する

六星占術では自分の運命数を知ることが第一ステップです。運命数は自分の生まれた年月によって既に決まっているので、自分の運命数を確認してください。

運命数の早見表はこちらのページに掲載しています。

②星数を計算する

運命数が分かったら、星数を調べます。

運命数から「1」を引き、生まれ日を足します。例えば、1980年2月5日が誕生日の場合は、運命数が「41」。「41」ー「1」+5=45 となります。

③星数から運命星を調べる

星数がわかったら、第3のステップは運命星を算出することです。運命星というのは六星占術で使われている6つの星のことです。その人の傾向を表す大事なポイントになります。

星数:1〜10 ⇒土星人
星数:11〜20 ⇒金星人
星数:21〜30 ⇒火星人
星数:31〜40 ⇒天王星人
星数:41〜50 ⇒木星人
星数:51〜60 ⇒水星人

※星数が61以上の方の場合は、そこから「60」を引きます。そのため、1980年2月5日が誕生日の場合は、木星人となります。

④干支から運命星の陽(+)か陰(ー)かを調べる

次のステップは、干支から運命星がマイナスかプラスか確認します。

<陽(+)の干支>
子(ねずみ)、寅(とら)、辰(たつ)、午(うま)、申(さる)、戌(いぬ)

<陰(−)の干支>
丑(うし)、卯(うさぎ)、巳(へび)、未(ひつじ)、酉(とり)、亥(いのしし)

⑤霊合星人の見分け方

運命星と干支の組み合わせで、霊合星人か確認することができます。霊合星人である組み合わせは以下の12通りです。

土星人(+)&戌年生まれ
土星人(ー)&いのしし年生まれ
金星人(+)&申年生まれ
金星人(ー)&酉年生まれ
火星人(+)&午年生まれ
火星人(ー)&未年生まれ
天王星人(+)&辰年生まれ
天王星人(ー)&へび年生まれ
木星人(+)&寅年生まれ
木星人(ー)&うさぎ年生まれ
水星人(+)&ねずみ年生まれ
水星人(ー)&丑年生まれ

各運命星の基本的な性格的特徴

土星人の性格

正義感が強く、理想が高いのが土星人の特徴です。土星人は、決めたことをコロコロ変えるタイプではないので、優柔不断ではない良い部分もありますが、融通が利かない一面があるので間違ったことやミスを極端に嫌うタイプです。また、土星人は清潔感があるのは良いのですが、潔癖な一面として現れる場合もあり、乱れることを嫌う傾向にあります。その為、自分の領域が汚染されていくと思うと感情的になり周囲とトラブルを起こすこともあります。

金星人の性格

明るく社交的で、誰とでもコミュニケーションを図ることができるので、人気を得るタイプでもあります。常に人に囲まれている金星人は、目立つことが好きでスタンドプレーになることも珍しくありません。交友関係が広いこともあり、人と人を繋げるパイプ役になることもあります。ポジティブ思考ということもあり、思い描く未来は明るく、運命を引き寄せる能力もあります。ただ、縛られることを嫌うので、自由主義者でせっかちなところがあります。

火星人の性格

人見知りで人に心を許すまでに時間がかかるタイプです。変態チックなところがあるので、周囲から理解されないところもあります。プライドが高いので、仕事はきっちりやりこなすタイプです。ただ、プライドを傷つけられると立ち直るまでに時間がかかります。火星人は自分の思い通りに行動をしているので、感性を大事にするところがあります。火星人の感性は、アートスティックで自由奔放さを表現するところがあります。自由で自己中心的で大胆なイメージを持たれることもありますが、臆病で相手を観察するタイプでもあります。

天王星人の性格

トラブルや問題があると、仲裁に入るタイプなので、究極な平和主義タイプといえます。尽力を果たそうと、思い立ったらすぐ行動に移す性格なので、後先考えずに失敗に終わることもあります。天王星人は、独立した人だとイメージをもたれるところがありますが、恋人やパートナーに依存しやすいのも特徴で、寂しがり屋なタイプです。子供のように無邪気で素直なところがあるので、年上の人から可愛がられる傾向があります。優しさから優柔不断になる傾向があり、ビジネスの面では信頼が薄れるところもあります。

木星人の性格

やると決めたら徹底的に行動するタイプです。コツコツと積み上げていくことが苦痛にならないタイプで、努力家な一面もあり、社会では高く評価される一面を持っています。努力を惜しまず粘り強さを持っていますが、変化を嫌うタイプでもあり安定志向が強いのも木星人の特徴といえます。地味で目立つことを苦手としているので、控えめな縁の下の力持ちになる傾向があります。平和主義でもあるので、人との争いを避け、言いたいことを我慢してしまう一面もあり、ストレスを抱えやすい傾向にあります。

水星人の性格

クールで自分は自分、他人は他人と割り切っているタイプなので、周囲からはどこか冷たい人だとみられがちです。多少、周囲から浮いていても一人で行動することに抵抗がなく恐れないのも水星人です。ひとりになることで寂しがり屋ではありますが、集団行動が苦手なのも水星人の特徴です。独立精神旺盛なので、自分が信じたものに対してのエネルギーの注ぎ方も大きいので、若くして事業を起こすなど社会貢献をするタイプでもあります。セクシャリティはアブノーマルになる傾向もあります。

※ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ